おすすめ商品

こしひかり プリンセスかおり

販売商品

米 野菜・豆類 調味料 加工品 ギフト 日本酒

特集ページ

取扱い店舗情報 イベント・催事情報
法人のお客様へ

田中農場だより

ブログ田中農場日誌はこちら 田中農場おすすめレシピ特集

facebook



メルマガ登録/解除

クラウドファンディング

 
 
会社紹介
 

田中農場の美味しさへの挑戦

鳥取から全国に食の感動を発信し
地域に貢献できる企業であり続けます

田中農場・代表 田中里志

有限会社田中農場 代表取締役 田中里志

1.地元密着型の完全国産堆肥づくり

堆肥を手で触って確かめている写真

田中農場のお米や野菜は、甘み、つや、食感の良さが自慢です。それを生み出すのは栄養豊富で良質な完全国産の堆肥です。堆肥作りは「(1)牛糞」「(2)稲・籾殻」「(3)発酵」の3つのポイントが重要です。

牛糞は『鳥取和牛オレイン55(※1)』で有名な鳥取和牛の肥育農家さんから頂いております。農地近隣で良質な牛糞が安定的に確保出来る環境は日本国内の農家でも希少であり、共に鳥取から全国・世界に挑戦している仲間だからこそ構築できる体制であると思います。稲・籾殻(もみがら)は海外産は利用せず、私たちが育てた稲・籾殻を使っています。私たちが責任をもって育てた生産物を余すことなく循環活用していくことは、環境への配慮が重要となる今後の農業において大切な取り組みと考えております。そして大切なのが発酵期間です。定期的な攪拌(かくはん:混ぜ合わせること)を行い1年以上の年月をかけて完全発酵を目指しています。

田中農場が半世紀以上取り組んできた独自の堆肥作り。お米の栽培では化学肥料ゼロを実現しました!野菜栽培も化学肥料ゼロに挑みます。(※2

※1)鳥取和牛オレイン55:江戸時代から和牛の産地として良牛が受け継がれてきた鳥取。 鳥取系と呼ばれる血統は、オリーブオイルの主成分でもある「オレイン酸」が多いことが知られています。オレイン酸は牛肉の口溶けの良さに関係していると言われており、鳥取和牛の中からオレイン酸を55%以上含む牛肉を「鳥取和牛オレイン55」としてブランド化しています。
引用元:鳥取県商工労働部兼 農林水産部市場開拓局webサイト
※2)現在、白ネギの苗植え付け時のみ最低限必要な化学肥料を使っております。

2.完全反転・鋤込み(すきこみ)にこだわる30センチ深耕

プラウで耕している写真

農耕の基本である「耕す」を田中農場では30cm以上耕す「30センチ深耕」を行っています。30センチ深耕は土地の持つ潜在能力を最大限引き出し、同時に畑の地表に近い土は痩せてしまうので、深く堀り返し、下層の土と入れ替えることによって、土にお休みを与え、再び栄養を蓄えさせることができます。30cmの深耕を実現するには、専用機械「プラウ」が必要です。プラウを利用する事で根を伸ばしやすくし、反転と鋤込みで土の肥沃度を向上させます。

30センチ深耕を実現させるためには効率よく稼働する大型トラクターの購入や人員体制などの整備が必要です。従来のトラクターでは30センチ深耕すると泥濘(ぬかるみ)に嵌る(はまる)など手間がかかり非効率になるため日本国内の多くの農家で行われていないのが実情です。私たちは手間と言われても美味しさを追及するために重要な30センチ深耕に挑み続けます。

3.良質な種もみを一粒ずつ厳選

もみが竹ざるに盛られている写真

田中農場は、種にするお米「種籾(たねもみ)」を自家栽培しています。特にこしひかりの種はすべて自家栽培米を使っています。良質な種もみを選別するために、ライスグレーダー(※1)で良質な種もみを選別します。良質な種もみを使って育った苗は、丈夫で充実した苗が育つため、真剣に種もみを厳選します。

※1)ライスグレーダー:砕けた米や屑米(くずまい)、ごみなどを取り除き、良い種もみを選別する機械。

4.ポット苗で強い根を張る苗づくり

ポット苗で稲を育てている写真

一般的に、稲の苗は、育苗箱を使った「マット苗」という方法で育てられることが多いです。これは、機械での植え付けに対応しているためです。それに対して田中農場では、「ポット育苗」という方法で一株ずつ苗を強く育てる育苗を20年以上行っています。手間はかかりますが、根を丈夫に張りやすいので、強い苗になるのです。

また、植え付け後と同じ環境に近づけるため、苗田(田んぼ)で苗を育て、育苗箱は使いません。田んぼの豊富な堆肥の栄養分とミネラルをたっぷり吸って育つため、質の良い苗が育つのです。コストと手間がかかっても、ひと株ひと株を大切に強く育てるのが田中農場の方針です。

5.農業用ドローンを活用したミネラル散布

農業用ドローンが飛んでいる写真

お米の収穫量を増やすには、病気が発生しない強い稲が育つ環境を整えることが大切です。そのための取り組みの一つが、農業用ドローンを活用した天然ミネラルの散布です。22種類のミネラルがバランスよく含まれている、天然ミネラル溶液を薄めて使用しています。高温や倒伏、害虫などのストレスから稲を守ってくれます。

以前はホースを引っ張りながら田んぼを歩き、天然ミネラルの散布を手作業で行っていました。広大な農地のすべての作物へ散布するのは大変な作業でしたが、現在は農業用ドローンが活躍しています。2020年にクラウドファンディングで多くの方からご支援をいただき、購入をしました。農業用ドローンは地形に関係なく、農地の上空から作業を行えます。作業時間を大きく短縮でき、効率よく進めることができています。

6.収穫後の米を美味しく保つための時間をかけた均一乾燥

稲穂の写真

刈り取り直後のお米は水分が高く25%程度あります。このまま置いておくと発酵が始まってしまうため、水分量15%程度までに手早く乾燥させる必要がありますが、急に乾燥させるとお米に負担がかかり、割れやすくなる恐れもあります。

そこで田中農場では、まず熱をかけずに風だけで乾燥させ、そのあとでボイラー乾燥させるという2段階の乾燥方法を取っています。10〜12時間かけて籾に風を送り、均一な水分量になるように調整したあと、1日以上かけて温風でボイラー乾燥させます。

コストを下げるために6時間ほどで短時間乾燥させることもできますが、通常よりも時間をかけてじっくり乾燥させることで、お米に優しく、天日干しと変わらないお米本来のおいしさを維持することができるのです。

7.鳥取だからできる1年間を通した「もみ保管」

てのひらにもみをのせている写真

1年を通して美味しいお米を食卓に届けるために、秋の収穫後はすぐに籾摺り(もみから玄米の状態)せず、生きた米の状態である籾(もみ)で保管する「もみ保管」を行っております。もみ保管は、米の味が落ちる原因である乾燥や酸化を防ぎ、新鮮なおいしさを保つことが出来ます。

農場内で精米加工施設を保有していることはもちろんの事、日本海特有の年間を通した湿潤な気候と、日本海と標高1500m氷ノ山のほぼ中間地、海岸から10km内陸にある地形を活かすことで、温度・湿度管理が必要な高価な保管施設を使うことなく、自然の力のみで保管できるのも田中農場が持つ強みです。

収穫したての米のおいしさ、みずみずしさをいつでも味わえるように、世界的な気候変動問題が起きている中でも「もみ保管」に挑み続けます。

8.お米コンテストで殿堂入り

田中農場のお米は「八頭町のうまい米コンテスト」にて3年連続優勝となり代表の田中が授賞式に参加いたしました。

田中農場のお米は、鳥取県八頭町で開催された「八頭町のうまい米コンテスト」にて、3年連続優勝となり米農家の中でトップとなりました。 コンテストでは、食味計で美味しさを計測した数値結果に加え、来場者による評価で競われ、たくさんの方に「おいしい!」と評価していただきました。

また、2020年3月には、環境保全を重視した農業生産に取り組み、地域での持続可能な農業生産活動の普及・定着への功績を評価され、【令和元年度 多面的機能発揮促進事業 中国四国農政局長表彰】にて田中農場が「優秀賞」を受賞いたしました。 これまで40年に亘り地元畜産農家さんと連携した堆肥を活用した土づくり、化学肥料と農薬を削減した特別栽培、そしてそこから生産する農産物の付加価値を活かした販路拡大、その一連の取り組みに高く評価を頂きました。

9.次世代のファーマーを育てる「働き方改革」

田中農場のスタッフ集合写真

2代目農主・田中里志が従業員20名とご支援・ご協力頂いているパートナー各社への責務として農家の働き方改革に挑みます。

農業とは天候と季節に左右される仕事です。365日24時間田畑と向き合い続ける事が大切と言われていますが、言い換えれば残業時間も無視した劣悪な仕事環境とも言えます。少子高齢化社会、産業縮小と言われている地方であり鳥取もまさにその最先端地域と言えます。その中でも農業は鳥取だけでなく、日本の主要産業として絶やすことなく継続していかねばなりません。そのためには、この劣悪な仕事環境を改善していく事が大切と考えています。

田中農場では、一人一人が担当する業務を細分化し、土日祝休みの導入などにも取り組んでいます。従業員のプライベートを重視するなど、生活の多様化が進む中、農家も変わっていかねばなりません。

加工品製造や直接販売なども行う六次化農業法人として多様な収益源を作りつつ、継続的かつ安定的な経営を目指しながら、従業員が安心して農業に取り組める「担い手」として活躍するために農家の働き方改革に挑み続けます。

10.農薬ゼロをめざす特別栽培

農作物本来のホンモノのおいしさを届け、たくさんの人に食の感動を味わってほしい。そのために、田中農場では最先端のIoT技術を取り入れた農業に挑戦しています。

農業用ドローンやAIやロボットもその1つです。本当は除草剤や防腐剤はゼロで育てたい。除草や害虫駆除を行うときも農薬を使わずすべて人の手によって行いたい。しかし安定的に皆さまのもとに農作物をお届けしなければならない以上、必要最低限の農薬の利用はまだまだ必要です。農薬ゼロに限りなく近づけるためには最先端技術の活用は不可欠です。

最後に、皆さまに安定しておいしく安心・安全なお米や野菜を届ける続けるために、伝統にとらわれれず田中農場は今後もチャレンジし続けていきます。

11.農業スタッフ・正社員募集!

田中農場は、ただいま一緒にお仕事を頑張ってくれる農業スタッフ・正社員を募集しています!

未経験者も大歓迎!!農業に興味のある方ならどなたでも!!スタッフの個性を生かせる農園を目指しています ♪

※2024年3月13日更新
         
事業内容 〈農業〉稲作を中心に豆類や野菜類などの農産物を有機質肥料で栽培しており、栽培期間中は農薬不使用または低農薬で栽培して、関東を中心に全国に販売している
雇用形態 正社員
仕事内容 ◯水稲・豆類・野菜等の農作物づくり※圃場管理等の農作業全般です。作業としては、は種、耕運、肥料散布、収穫、選別、出荷等
必要な経験等 あれば尚可
雇用期間 定めなし
転勤 なし
就業場所 事業所所在地と同じ
〒680−0426
鳥取県八頭郡八頭町下坂442番地
給与 (月)170,000円〜190,000円
年間休日 124日
休日 〇土曜 , 日曜 , 祝日 , その他
待遇 交通費別途支給 , 社会保険完備 , 賞与有り , 再雇用制度有り
担当者 代表取締役 田中 里志(タナカサトシ)
電話番号:0858-72-2826 / FAX:0858-72-2827



田中農場のこだわり商品一覧はこちら

━ 代表プロフィール ━

白ねぎを持っている田中代表

有限会社田中農場 代表取締役 田中里志(たなかさとし)

1978年生まれ、鳥取県出身。農業法人田中農場の2代目。

鳥取県立倉吉農業高等学校で農業の基礎を学び卒業後に北海道へ。十勝の畑作地帯で本場の土づくりと大規模農業の感覚を身につけ帰郷し、実家の稲作農家に就農しました。

鳥取県東部の八頭町で約120ヘクタールの農地を耕して、お米を中心に白ねぎ、豆類など種々の野菜作り、そして農産加工品の生産と直売を行っています。

自家製の有機質肥料により安全な土づくりを徹底しており、農薬や化学肥料は極力使っていません。環境に配慮した循環型農業を実践する農場として、エコファーマー及びJGAP認定も取得。

1980年の創業以来、40年以上にわたり取り組んでいる土づくりで作物本来のおいしさを引き出し、全国のお客様に“食の感動”をお届けしたいと思っています。



━ 沿革 ━

昭和46年 農業(養豚)スタート
昭和51年 農地集積
昭和55年 会社設立
平成5年 化学肥料や農薬を極力使用しない栽培法を実践
平成8年 有限会社田中農場として法人登記
平成16年 水稲を鳥取県特別栽培農産物として登録
平成18年 エコファーマー認定
平成19年 豆類、白ねぎを鳥取県 特別栽培農産物として登録
平成26年 酒蔵からの需要増加 →酒米(山田錦)を作付拡大

━ 会社概要(製造販売元) ━

会社名 有限会社田中農場
創立 平成8年1月
代表者 代表取締役 田中里志
住所 〒680-0426
鳥取県八頭郡八頭町下坂442番地
TEL/FAX TEL 0858-72-2826/FAX 0858-72-2827
営業時間 8:30〜17:30(土日・祝祭日休み)

━ 販売事業受託者 ━

会社名 株式会社 ダブルノット
運営統括責任者 代表取締役 睥 努
住所 〒680-0404
鳥取県八頭郡八頭町見槻中154-2 隼Lab.
TEL TEL 050-3198-9749
営業時間 9:00〜17:00(日・祝祭日休み)

ページトップへ

鳥取県八頭郡八頭町下坂442番地
E-Mail: shop@farm-tanaka.jp
URL:www.farm-tanaka.jp
商号 : 田中農場

  • 電話番号050-3198-9749
  • お問い合わせはこちらから